越境するエロス

  • 2018.01.11 Thursday
  • 17:40

新年あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年一番目のグループ展のお知らせです。今年は新年から艶っぽい展覧会に参加させて頂きます。

 

越境するエロス

 

「越境するエロス」

 会場:SPIN GALLERY 千代田区神田神保町1ー20 2階

 会期:2018年  1月20日〜27日 時間 12:00〜19:00 (最終日 17:00まで)
(*1/20(土)の17:00より、ささやかながらオープニングパーティーを行います)  
今回のテーマは越境するエロス。
参加作家は
有末 剛(写真)
多賀 新(鉛筆画・銅版画) 
衣 hatori(人形)
森 馨(人形)
の4名。
それぞれの分野で官能性溢れる作品を作り続ける作家達による展示です。
「エロスは菩薩の如くそこにある。私にとって、越境するエロスとは奪うものではなく与えるものだ」
                         有末剛(緊縛師)
1/23(火)19:00〜 
有末剛×多賀新トークイベント(2000円)
限定15名様完全予約制ワンドリンク付
お申し込みはリンク先の申し込みフォームからお願い致します。

 

http://spins.exblog.jp/28374245/

 

多賀新先生と有末剛先生のトークショーではギャラリーオーナーの伴田良輔氏が司会を務められるというなんとも豪華な催しです。

どうぞご高覧の程お願い申し上げます。

 

神秘月間終了〜2017年まとめ

  • 2017.12.29 Friday
  • 12:51

2017年も終わりに近づいて参りました。

師走の慌ただしさ、気忙しさを痛感するこの頃ですが、それよりも展覧会直前の焦り加減に比べると緩やかなものと思うのはいかがなものか、と我ながら思う年の瀬です…。

12月26日をもちましてアラビクさんで開催されていた「神秘月間」展が無事終了致しました。

在廊は叶いませんでしたが途中テディベアを追加で納品させて頂くなどいたしました。

 

この荒ぶる感漂う熊、MossBear(苔熊君)。

 

 

お人形の方は引き続き展示頂いておりますのお越しになった際にはどうぞご覧くださいませ。

 

 

 

さて、今年も素晴らしい展覧会の参加のご縁を頂きました。

 

2017年に出展させていただいた展覧会は…

 

1月「アリスの世界展」乙画廊

2月「 Virgin Maria Princesses 〜少女観音〜」スパンアートギャラリー

3月「逢いとおした はるのよのゆめばかりなるお人形展」美晴花ギャラリア・ドス

4月「幻想の花園」アートスペース煌翔

6月「永遠の幻想・美の幻影」ストライプスペース/スパンアートギャラリー企画

6月「血とバラ−女吸血鬼カーミラが誘う美しき幻影と幻想耽美−」スパンアートギャラリー

7月「アリス2017」ストライプスペース/スパンアートギャラリー企画

7月「Goth 受胎告知」ヴァニラ画廊

11月「TARUHO 稲垣足穂が愛した宇宙とエロス」スパンアートギャラリー

12月「神秘月間」珈琲舎・書肆アラビク

 

作品をご覧くださった方々、展覧会や作品を気にかけて下さいました皆様方、展示企画にお声かけ下さいましたギャラリー様、展示でお世話になりました作家の皆様方、誠に有難うございました。

光栄な事にグループ展などではいつも凄い作家様が大勢いらっしゃるので展示の質を下げないようにとマラソンの先行集団から離れて徒歩に近い走りで必死についてゆくマラソン走者の気持ちなのですが、このような素敵な展覧会に参加させて頂けるのはいつも大変励みになっております。

 

それでは来年も何卒よろしくお願い申し上げます。

どうぞ素敵な新年をお迎えくださませ。。。

 

神秘月間

  • 2017.12.14 Thursday
  • 18:10

11月28日をもちまして、スパンアートギャラリーで開催されたTARUHO展は無事終了致しました。

お越しくださいました皆様、誠に有難うございました。

また、参加作家様、ギャラリー様、大変お世話になりました。。

かねてより愛読している作家のトリビュート展に参加することが出来まして、製作時より秘かに盛り上がっていたのも今となってはいい思い出です。。。

 

さて、12月に入り、すでに始まっているのですが…

大阪中崎町、珈琲書肆・アラビクにて10周年記念展第二弾として「神秘月間」展に

参加させて頂いています。

関西方面の皆様、またはこの機会に大阪などに行かれるご予定などお有りでしたら是非ともお立ち寄り下さい。

 

「神秘月間」

 

 期  間   2017年12月7日(木)〜26日(火)

 

 会  場   書肆アラビク http://arabiq.net/

        〒530-0016 大阪市北区中崎3-2-14

        13:30-21:00(日曜・祝日-20:00)、水曜定休

 

 参加作家

小川クロ・おぐらとうこ・佳嶋・qeromalion鳴力・中村キク・鳩山郁子・三浦悦子・森馨・山本じん・山吉由利子

 

…こちらに50僂竜綢隆慇畤遊舛1体展示させて頂いています。

 

 

思えば、今年最後の展覧会となります。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

「TARUHO 稲垣足穂が愛した小宇宙とエロス」

  • 2017.10.28 Saturday
  • 12:16

★展覧会のお知らせです★

 

「TARUHO 稲垣足穂が愛した小宇宙(コスモ)とエロス」

 

会期:2017年11月18日(土)〜11月28日(火)11:00〜19:00

(最終日は17:00まで) ※22日水曜休廊

会場:スパンアートギャラリー http://www.span-art.co.jp/index.html

 

参加作家

東逸子/有賀真澄/奥脇真澄/川島朗/菊地拓史/黒田武志/桑原弘明
瀬戸照/空山基/建石修志/真咲/中川ユウヰチ/中村宏
鳩山郁子/衣(hatori)/マンタム/森馨/森ヒロコ/山本タカト

 

TARUHO

 

稲垣足穂をオマージュとした展覧会です。

小説「彼等(THEY)」をイメージした少年の人形を製作中です。

どうぞご高覧のほどよろしくお願いいたします。

Night Land Quarterly vol.10

  • 2017.09.08 Friday
  • 12:22

★掲載のお知らせです★

 

Night Land Quarterly vol.10
 
A5判・並製・160頁・税別1700円
ISBN 978-4-88375-276-8
発行=アトリエサード/発売=書苑新社(しょえんしんしゃ)

幻視者のためのホラー&ダーク・ファンタジー専門誌《ナイトランド・クォータリー》
vol.10のテーマは、“逢魔が刻の狩人”。
恐怖にまさる探求心で「向こう側」の世界に挑むゴースト・ハンターたちの物語を、
ホラー界の名探偵たちの物語と共に、お届けします!

キム・ニューマン、H・S・ホワイトヘッド、シーベリー・クインなど翻訳6編のほか、朝松健、友野詳の小説、仁賀克雄インタビュー、〈ゴーストハンター〉シリーズのあゆみなど、今回も読み応えたっぷりです。

 
表紙に吉成行夫氏撮影による作品写真を使用頂きました。
カラーページで昨年刊致しました作品集「Ghost marriage〜冥婚〜」の紹介も頂いています。
是非お手に取ってご覧ください。
早いもので、アトリエサード様で2冊目の作品集を刊行させて頂いてから1年が経ちました。
こちらもどうぞよろしくお願い申し上げます。
人形:森馨
写真:吉成行夫
挿絵・テキスト:沙村広明
デザイン:菊地拓史
発行:アトリエサード/発売:書苑新社

「craft art DOLL 2017」

  • 2017.07.14 Friday
  • 14:51

★掲載のお知らせです★

 

 

「craft art DOLL 2017」

クラフトアート人形コンクール実行委員会

http://www.j-n.co.jp/books/?goods_code=978-4-408-63020-5 

 

「できるだけ豊かに混沌と」を目標に。

日本で活躍中の人形作家約100名を紹介するドールカタログ2017年版。
固定ポーズ人形と、関節人形を中心とした可動式人形に分類し、
素材も様々な創作人形の「いま」を展観する。

また特集記事として”禹劵罐縫奪”coppers早川”インタビュー「プロへの道」、
羽関チエコインタビュー「世界の創作人形のなかで」、
書肆アラビク「美術と人形の間で」
ぁ嵒見の人形展(東日本編)など人形創作や愛好家にとって有益な情報を満載。
人形ファン必携の書。

(内容紹介より)

 

★★★★★

 

 

この度、人形作品を掲載頂きました。

様々に活躍される人形作家の方々の作品をご覧頂く事が出来ます。

是非お手に取ってご覧ください。

 

 

「血とバラ −女吸血鬼カーミラが誘う美しき幻影と幻想耽美−」終了しました

  • 2017.07.07 Friday
  • 13:04

7月4日をもちまして、スパンアートギャラリーでのグループ展「血とバラ −女吸血鬼カーミラが誘う美しき幻影と幻想耽美−」が終了致しました。

会場でご覧下さいました皆様方、告知など気に留めて下さいました皆様方、その節は誠に有難うございました。

 

この展示では新作の球体関節人形「vamp」を展示させて頂きました。

 

 

途中まで牙を少し覗かせている口元の造形にしていたのですが、

製作途中で薄くと言えども歯を出すほどに口を開く表情があまり似合わないような印象を受けたので結局閉じさせてしまいました。

私の造形力不足が多分にあるのですがvamp嬢の方でも口を紡いていたかったのだろうという解釈で…。

彼女の閉じられた唇の中に夜な夜な血を吸う為の小さな牙が備わっている事を感じつつご覧頂ければ幸いです。。

 

 

そして、7月15日からはストライプスペースで「Alice2017」展、

http://www.span-art.co.jp/exhibition_other/201707alice.html

7月20日からはヴァニラ画廊で「GOTH供措胎告知〜」展

http://www.vanilla-gallery.com/archives/2017/20170720a.html

が始まります。

両展示とも新作人形を展示させていただきます。

引き続きこちらもどうぞよろしくお願いいたします。

 

Alice 2017

  • 2017.07.01 Saturday
  • 10:46

★グループ展参加のお知らせです★

 

「Alice 2017」

 

会期:2017年7月15日(土)〜7月23日(日)11:00〜19:00 (最終日17:00まで)

会場:六本木ストライプスペース http://striped-house.com/stripe-space.html

企画主催・お問い合わせ:スパンアートギャラリー http://www.span-art.co.jp/ 
入場無料

 

【参加作家】

 

イヂチアキコ、大友暢子、小川香織、小川クロ、駕籠真太郎、佳嶋、
金子國義、神原由利子、菊地拓史、近未来、Qeromalion鳴力、沙村弘明、
沢渡朔、清水真理、須川まきこ、空山基、、高橋千裕、橘明、たま、
Dollhouse Noah、Trevor Brown、成田朱希、根橋洋一、長谷川友美、衣 (hatori)、
林朝子、古川沙織、松浦シオリ、丸尾末広、三浦悦子、森馨、森口裕二、
山本タカト、Zihlin、蔡任萱

 

http://www.span-art.co.jp/exhibition_other/201707alice.html

 

 

アリス展用の人形を只今(え?今時点でまだなの?というごもっともなご指摘、何卒ご容赦下さい…)

意匠製作中です御座います。。。

どうぞご高覧のほどよろしくお願い申しあげます。

 

 

 

「永遠の幻想・美の幻影」展が無事終了いたしました

  • 2017.06.30 Friday
  • 12:44

先日25日をもちまして、六本木ストライプスペースで開催されました、

「永遠の幻想・美の幻影」展が無事終了いたしました。

ご来場くださいました皆様、展示告知などを気にかけてくださいました皆様方、誠に有難うございました。

 

 

展覧会当時は近隣のギャラリーでニュースにもなった謎の長蛇の列をなす展覧会が行われ、後日その内容を知り六本木はやはり、なんと恐ろしいところ…と驚愕したものですが、一方こちらの展覧会の会場には展示作品のそれぞれから醸し出される美しく上質な時間が静かに流れておりました。

事、球体関節人形では一体の製作に時間が掛かるため、個展などよりグループ展での発表が多くそのたびに素敵な展示作家の方々の素晴らしい作品とご一緒させていただく機会を得、恐縮しつつも有り難く勉強させて頂いていますが今回も大規模なグループ展でしかも常日頃憧れの作家さんが多く展示され、同じ空間に人形を展示させて頂いているのが夢の様でした…。

 

今回オブジェと球体関節人形の2作品を展示させていただきました。

オブジェの方は宗教絵画に出てくるような、美青年風の天使をイメージしました。

人形の方は、泉鏡花「夜叉が池」の白雪姫をイメージして作りました。うねるような黒髪と鱗のような着物がそのイメージに合ったのではと思います。

 

只今、スパンアートギャラリーで7月4日まで「血とバラ」展を開催しております。

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201706chitobara.html

そちらも是非ご高覧のほどいただけますと幸いです。

 

 

 

ExtrART file.13 ◎FEATURE:意識下に漂う幻想 2017

  • 2017.06.29 Thursday
  • 13:39

★掲載のお知らせ★

アトリエサードから刊行されている

「ExtrART file.13 ◎FEATURE:意識下に漂う幻想 2017」

http://athird.cart.fc2.com/ca7/198/p-r1-s/

 

 

こちらに今年2月スパンアートギャラリーで開催されました、

「Virgin Maria Princesses〜少女観音〜」  出展:Dollhouse Noah 、中嶋清八、衣 -hatori-、森馨

http://www.span-art.co.jp/exhibition/201702virginmaria.html (会場風景がご覧いただけます)

 

こちらのレビューと、吉成行夫氏に撮影頂いた会場写真を掲載頂きました。

 

 

大判サイズで見ごたえのある写真とともに展覧会当時の記憶が蘇るようです…。

是非お手に取ってご覧ください。

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM